So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

休日は1人でゆっくり!不必要に焦らず、自分らしく生きていければいい [コンプレックス]

女子の約4割が休日は1人でゆっくり!でも心乱される原因は…やっぱりアレでした!


年圧年始のお休みが終わって、本日からまた3連休です!


お休みはやっぱりうれしいですよね。でも、そんなお休みですが、みんな何をしているのでしょうか?



女性のためのポータルサイト「健康美人」が調べたアンケート結果から、みんなの休みの過ごし方を見てみましょう。




■Q.休日は何をして過ごすことが多い?

1位 1人でのんびりする(37%)

2位 家族といる(14%)

2位 彼氏といる(14%)

2位 買い物をする(14%)

2位 趣味に没頭する(14%)

6位 友達といる(7%)



インスタグラムなどを見ていると、みんないろいろなところへ出かけているのかと思いきや、なんと3人に1人が、1人でのんびりしている、という結果に!



なんだか意外ですね。とはいえ1人で過ごしている休日にふと見たSNSで友達の変化を目にした瞬間焦ってしまう人も多いようです。



結婚していたり、彼氏ができたりしている友人を見るのはちょっと辛い.jpg



(c)shutterstock.com



■Q.友達の変化で正直焦ってしまうことは?

1位 リア充になる(27%)

2位 結婚する(21%)

3位 仕事で成功する(17%)

4位 彼氏ができる(14%)

4位 子供ができる(14%)

6位 自立する(7%)




SNSで友人がとても幸せそうな写真をあげているとやっぱり焦ってしまいますよね。



特に1人で過ごしていると、結婚していたり、彼氏ができたりしている友人を見るのはちょっと辛いものです……。


とはいえ、人にはそれぞれペースがあります。


不必要に焦らず、自分らしく生きていければいいかもしれませんね。といいつつなかなか難しいですが……。




情報提供元:「健康美人」

Woman Insight引用












結婚すると、お金や時間がかかるものはなかなか… [コンプレックス]

独身時代は、一人で何でも自由にできたという人が多いはず。でも結婚すると、お金や時間がかかるものは、夫に気を使ったり、忙しくて時間がなかったりと、なかなか実行することが難しくなってきそう。


■結婚する前にやっておけばよかったことナンバーワンは「貯金」!

そこで、20~40代の既婚と婚約中の女性に、結婚する前にやっておけばよかったと思うことを理由と一緒に教えてもらいました。



結婚前にやっておけばよかった、1位は貯金.jpg


結婚前にやっておけばよかった、1位は貯金




1位:「貯金」(42%)

●「結婚すると、新居や結婚式、新婚旅行など想像以上にお金が必要になる」(29歳)

●「自分のための貯金をたくさんしておけばよかった。結婚するとふたりのお金になる」(28歳)


2位:「旅行」(34%)

●「女友達との海外旅行。行きづらくなるし、お誘いも少なくなる」(26歳)

●「自分が行きたい国に海外旅行なんて、独身のときでないと難しいかも…」(42歳)



3位:「美容にお金をかけること」(19%)

●「お金を自由に使えるうちに脱毛したかった」(27歳)

●「エステ。結婚するとお金がかかることとは疎遠になる」(26歳)



4位:「親孝行」(16%)

●「両親へ旅行などプレゼントしてあげればよかった」(28歳)

●「旅行や食事にもっと連れて行ってあげればよかった」(26歳)




5位:「夜遊び」(13%)

●「実家が厳しくてできなかった。今は体力がない」(32歳)

●「お酒を外で、時間を気にせず飲めるのは独身時代だけ。家庭を持つと、家族の許可が下りても心から楽しめない」(28歳)



他にも、「もう少し男の人を知っておけばよかった(笑)」(34歳)や、「合コンとかお見合いパーティなどに参加したかった」(40歳)などの、もっと遊んでおけばよかったというものもあれば、「特にない。


今の生活に満足していて、やりたいことはやったし、これからやりたいことは一緒にやればいいと思う」(35歳)や、「特になし。やりたいことは、ほとんどやってから結婚したから」(30歳)といった、もう満足している人もいました。




■多くの人が結婚後もまだ諦めていない!

結婚前にやっておけばよかったと思う、貯金や旅行、美容にお金をかけることなどは、結婚したらもう諦めてしまうの?前述のアンケートで答えたものをもう諦めたのかも質問。すると、「諦めていない」(74%)、「諦めた」(26%)でした。




<諦めていない>


●「友人と1泊2日などの短期の旅行はできるだろうし、興味のある資格や仕事にはまだチャレンジしていく」(26歳)

●「子どもが大きくなったら友達と女子旅をしたい」(26歳)

●「これからずっと親孝行をしたいと思います。まずは旅行をプレゼントする計画中」(39歳)

●「今度は家を買うために貯めます!」(30歳)




<諦めた>

●「家庭の幸せに集中したい」(30歳)

●「できるタイミングがないような気がするので。それより優先したいこと(妊活)があるから」(25歳)

●「独身だからできることだと思うし、だからこそ楽しいと思うから」(40歳)

●「自分よりふたりで楽しめることに使いたい」(29歳)



「諦めていない」人は、貯金や親孝行だったら少しずつ、そして旅行は近場や子育てが落ち着いてからならできるといった理由が。反対に「諦めた」という人は、他に優先したいことや夫や家族と楽しみたいことができたという内容に。



結婚後にできなくなることを、結婚前に気付くのはなかなか難しいかも。でも、「諦めていない」という人がたくさんいて素晴らしい!ということは、結婚を機にできなくなることは、実は少ないのかもしれませんね。



結婚前で気になる方は、先輩たちの意見をぜひ参考に!



【データ出典】

ゼクシィユーザーアンケート

調査期間:2016/10/7~10/21

有効回答数:160人(女性)



■関連記事

男女それぞれに質問!結婚適齢期って何歳?

彼について結婚前に確認すべきことってある?


セキララ★ゼクシィ引用







乳がん検診も気にしたいアラサー世代は、血行を促進してバストに栄養と酸素を [コンプレックス]

最近、アラサー世代の女性から「胸が垂れてきた」「デコルテが痩せてきた」なんて話をよく聞きます。

出産して授乳をしたら、バストのケアを頑張らないと垂れちゃいそう、なんて思っていたら大間違い! 早い人は20代から下垂が始まり、結婚する前にバストの形が崩れてしまう可能性だってあるんです。


そこで今回は、エステ講師の筆者が美バストをキープするために、アラサーがやるべきバスト習慣をご紹介。


男の人って、バストは大きさよりも形重視の人のほうが意外と多いみたいですよ♡


そのままじゃどんどん流失!? アラサーがやるべき「バストキープ習慣」3つ


美バストをキープするために、アラサーがやるべきバスト習慣.jpg

出典:Shutterstock





■アラサーは体型に変化が訪れる!


理想のバストは、鎖骨の中心とバストトップを結んだ三角形が“正三角形”。まず、鏡を見て正三角形ではないのなら、バストトップが下がってきているか、左右に広がってしまっているかもしれません。


ホルモンバランスが変わってくるアラサーは、体型にも変化が訪れる時。バスト、ヒップが下がり始め、体にメリハリが失われがち。


中でもバストは支える筋力が低下することで位置が下がり、肉質が軟らかくなることでバストの脂肪が背中や二の腕に流出することに……!


さらに、普段の生活の中にもブス乳にしてしまうNG習慣が。


アラサー世代は美バストキープのために、こんなことに気をつけましょう。






■アラサーがやるべきバストキープ習慣

・猫背はNG


猫背って本当にいいことがありません。バストに関していえば、姿勢が悪いことで血行が悪くなり、栄養や酸素が行き渡らないためしぼんでしまうし、大胸筋も使われずに衰えてしまうので、垂れてしまう原因にもなります。


背筋を伸ばすだけでも、バストトップの位置があがってキレイなラインに見えますよ。胸を開くことを意識するだけでも大胸筋は鍛えられるので、前かがみになりがちな事務職の人は特に気をつけて!





・ブラキャミはほどほどに


揺らすと垂れるから運動時はNGといわれるブラキャミですが、スポーツをしない人も要注意です。


脂肪が柔らかくなるアラサーはバストの脂肪が流れやすいため、逃げてしまった脂肪を集めて納められるワイヤーカップ付きのブラジャーが体型維持にはおススメ。


でも、サイズが合っていないとバストが泳いでしまうし、小さすぎると締め付けられて形が崩れてしまいます。定期的に測ったり、セミオーダーのブラジャーも検討し時。大半の人はブラジャーのサイズが小さいようですよ。





・お風呂でバストマッサージ


温めた状態でのバストマッサージは効果も上がるし、美バストを作る絶好の時間。


バストと体の付け根を剥がすようにほぐしたり、鎖骨とバストの間をくるくる流したりしてみて。


血行を促進してバストに栄養と酸素を送りましょう。


マッサージを続けるとふわふわになりますよ。


乳がん検診も気にしたいアラサー世代は、セルフチェックも兼ねて自分のバストを触る機会を増やしましょう。




いかがでしたか? 



何もしないとどんどんブス乳になってしまうけど、ケアをすれば美バストをキープすることだってできますよ。




ぜひ参考にしてくださいね。


【画像】

※ jabkitticha/Shutterstock





nash 引用











ダイエット中でも2017年の冬はバスト温活で”ぷるるんバスト” [女性ホルモン・育乳]

ぷるんとした豊満なバストは女性にとってもやっぱり憧れ♡ 冬でもニットの上からわかるバストの形は、綺麗なラインが出ていると自信が持てますよね。

少しでもバストアップしたい!とマッサージを頑張っている女性も多いはず。でも、努力してもなかなか結果が出ないのは、もしかしたらバストの冷えが問題なのかもしれません。


気になる手足やお腹の冷えを温めている人は多いと思いますが、実はバストアップも温活が有効だって知っていましたか? そこで今回は、エステ講師の筆者が、温活で叶う「バストアップ習慣」をご紹介します。



バストアップしたい!とマッサージを頑張っている女性も多いはず。でも、努力しても.jpg



ぷるるん美乳を手に入れよ。温活で叶う「バストアップ」習慣3つ


■バスト温活がバストアップに有効なワケ

生理前や妊娠中にバストが張ったり大きくなったりするのは、女性ホルモンの影響を受けるせい。つまり、女性ホルモンの分泌が増えると、バストアップに有効なんです。


でも、ちょっとしたことでバランスを崩しやすいホルモンは、ストレスや冷えなどで分泌が滞ってしまうことも。


そのため、温活で血行を促進し、女性ホルモンの分泌をスムーズにしてあげることで、バストアップにも効果があると考えられます。




■気になるバスト温活の方法は?


それでは早速、バストを温める「温活」の方法をいくつかご紹介します!


1:ホットタオルでバストを温める


脂肪が多いバストは筋肉が多い箇所に比べて冷えやすい部位。湯船に浸かってバストを温めることは、簡単にバスト温活ができる手段です。


でも、忙しくてシャワーで済ませてしまい、なかなか体が温まりにくいという人は、ホットタオルでバストを温めて、バストの血流を良くしてあげましょう。



2:体を温める食材を選ぶ


外側からだけでなく、内側から温めることも大切です。冷たい飲み物を避けて温かい飲み物を選ぶようにするほか、冬は葉野菜よりも根菜類が体を温めておススメです。


また、熱を作るタンパク質は、温活としてはもちろん、バストの栄養にもなり、バストアップに欠かせない栄養素。ダイエット中でも抜かないように気をつけましょう。




3:つけるだけでOK!発熱素材の育乳ブラ


バストアップはしたいけど、なかなかケアが追い付かない……という忙しい女性におススメなのが、発熱素材の育乳ブラ。つけるだけでバスト温活が叶う優れものです。


さまざまなメーカーから続々と販売されており、デイリーブラはもちろん、ナイトブラもあるので、こっそり温活ができますよ。




冷えは美の大敵。全身の温活を心掛けることもバストアップにプラスになります。マッサージ前に温めれば、バストアップ効果も上がりますよ。



ぷるるんバストを目指して、今年の冬はバスト温活も検討してみてくださいね。


【画像】

※ Forewer/shutterstock


Nosh引用






恋愛離れが進んでいる?新成人を迎える若者は、”結婚したい” [コンプレックス]

若者の「恋愛離れ」に歯止めか!? 「交際相手あり」の新成人は約3割、2008年以来の高水準


結婚相手紹介サービスのオーネットは1月5日、成人式を迎える全国の独身男女を対象にした恋愛・結婚意識に関する調査の結果を発表した。


昨今、若者の「恋愛離れ」が問題視されているが、同調査結果では新成人の59%が交際経験ありということが明らかとなった。


4人に3人は「交際相手がほしい」と回答 「ときめきたい」という人も多数


一生に一度の大チャンス!成人式で彼がドキッとしちゃう女性とは.jpg

調査は全国の新成人600人を対象とし2016年12月1日~5日にインターネット上で実施。


性別ごとに見ると男性の54.3%、女性の63.7%が交際経験ありとしている。片思いを含めると全体の81.3%が恋愛経験ありだという。


現在交際相手がいる新成人は30.7%で、2008年以来の高水準を記録。ただ、1996年には50%と2人に1人は交際相手がいたことを考えると、現代の若者の恋愛離れは否めないが、2012年の24.7%から上昇傾向をたどっており、確かに改善しているようだ。



また現在交際相手がいない人でも、「交際相手がほしい」と思っている人が74.7%と前年の64.0%を上回っている。理由の1位が「一緒に時間を過ごす相手が欲しい」(男性74.5%、女性74.2%)でダントツ。


男女ともに4人に3人が誰かと一緒に人生を送りたいと思っていることがわかる。2位には「ときめきたい」(男性33.8%、女性45.2%)が続いた。



7割が結婚したら子供がほしい 「2人以上」を望む人も



恋愛に対して積極的になれば、当然ながら結婚に対しても前向きになってもおかしくない。「結婚したい」と思う新成人は79.0%と前年の74.3%よりも上昇した。


その理由として「好きな人と一緒にいたい」「子どもがほしい」「家族がいると幸せだと思う」などが上位に挙げられていた。



新成人の7割は「結婚したら子どもがほしい」と回答しており、そのうちの9割が「2人以上ほしい」と望んでいることがわかった。


出生数が100万人割れするというニュースが年末に話題となったが、新成人を迎える若者は、結婚して子供を設けたいという願望を持っている。



調査を実施したオーネットは、恋愛離れが進んでいることは否めず、未婚化や晩婚化は深刻な社会問題としながらもリリース内で、

「若年層が早期に結婚し家族を持つことは、その改善へとつながります。



今回の調査結果は、結婚すること、家族を持つことに意欲のある若者がまだまだ大多数であることを示しています」

と前向きなコメントを述べている。





意見をつなぐ、日本が変わる。BLOGOS引用








バストアップに関わる組織は?バストアップを叶える方法 [コンプレックス]

二の腕が細くなってバストアップもする一石二鳥の方法とは!?

まず、バストアップに関わる組織は4つほどあります。大胸筋、クーパー靭帯、乳腺、脂肪です。それぞれの役割を見ていきましょう。


二の腕が細くなってバストアップもする一石二鳥の方法とは!.jpg


二の腕を細くしてバストアップを叶える方法



1.大胸筋

これは胸の土台となるところです。これを鍛えることによってバストの土台ができます。



2.クーパー靭帯

バストを支えるものです。これがのびてしまうと、バストが垂れやすくなってしまいます。しっかり胸を支えず激しい運動をしたり、ブラジャーをしない時間が長かったりすると、伸びやすくなってしまいますので、運動をする際にはスポーツブラをしたり、寝る際にはナイトブラをつけることを心がけましょう。



3.乳腺

母乳を作るのに必要なものです。女性ホルモンが分泌されると乳腺が発達していきます。



4.脂肪

乳腺を取り囲むようにあるのが脂肪です。大胸筋、クーパー靭帯など胸の土台となる部分を除くと、胸を構成しているのは乳腺が1割、脂肪が9割といわれています。


このように胸はほぼ脂肪でできているので、脂肪をつけさえすれば、バストアップが期待できます!



二の腕のお肉を使ってバストアップ!



これまで見てきたように、胸に脂肪をつける事ができれば、バストアップが望めます!では、その脂肪はどこから持ってくればいいのでしょう?


胸の近くにある二の腕から脂肪を持ってきて、胸に寄せる方法をご紹介します!




1.お風呂につかる

脂肪を移動させるには、身体を温める事が有効です。お料理などでも冷めると脂肪は固まってきますよね?それと同じように体脂肪も冷えると固くなり、温めると柔らかくなります。

40度くらいの湯船にゆっくりとつかりましょう!



2.脇の下をマッサージする

脇の下のくぼみにはリンパ節があります。ここを優しくマッサージすることにより、血行が促進されます。




3.二の腕を揉みほぐす

二の腕の脂肪を移動させるのに重要なポイントです。表面だけを触るのではなく、肘あたりから二の腕までしっかりと脂肪を揉みほぐしましょう。




4.ブラジャーをつける

前かがみになりながら、ブラジャーをつけ、肩ひもまで通します。




5.二の腕の脂肪を胸に寄せる

揉みほぐした二の腕の脂肪を胸に寄せていきます。肘から二の腕、脇の下を通り、しっかりとブラジャーに流し込みます。クリームなどを塗ってから行うのもいいでしょう。2~3回行い、バストアップをイメージしながら、行います。


以上です。


これを毎日続けることで、バストが2~3カップ大きくなった人もいるんだとか。二の腕も細っそりしてバストアップもできるなんて夢のようですね!

お風呂から上がった時の習慣にして、バストアップを目指しましょう!



美BEAUTE(ビボーテ)引用











女性特有の悩みといえば、いったいどうすればいいの? [コンプレックス]

女性特有の悩みといえば、いくつかありますよね。たとえば、乳房のたるみや、乳頭・乳輪の黒ずみ。

エイジング(加齢)やホルモンの変化にともなって黒ずみの原因であるメラニンが増えることなどが原因なのですが、どうしても“夜の生活が激しいから”と考えてしまう男性は少なくありません。

そのため、乳房のアンチエイジングをしたり、乳頭・乳輪に薬を塗ったりと、日々努力している女子もいることでしょう。

そして、もう一つ。特有の悩みといえば、女性器に関するもの。


膣トレよりラクチン?「緩んだ女性器を引き締める」すごい美容法

乳房のたるみや、乳頭・乳輪の黒ずみ。エイジング(加齢)やホルモン.jpg

そう、膣の伸びです。膣が伸びて緩むと、彼との性生活に満足できないということも、おこりえます。

そのため、“膣トレ”に励んでいるというひともいるとか。ですが、雑誌などで紹介されている“膣トレ”の多くは、骨盤にある筋肉を鍛えるトレーニング。

じつは、膣そのものを引き締める効果を狙ったものではありません。

「じゃぁ、いったいどうすればいいの?」とおもうひともいるでしょう。

そこで今回は、膣そのものを引き締める方法を紹介したいとおもいます。



■ヒアルロン酸


一般的な美容外科などでは、ヒアルロン酸での治療がおこなわれています。


これは、顔などのたるんだ皮膚にハリをもたせるのと、同様の方法。


ですが、いくら美容外科の専門医による治療とはいえ、敏感な女性器に注射でヒアルロン酸を注入するって、ちょっと怖いですよね。



■最新のアメリカでの美容方法は?


日本で導入している美容外科は少ないのですが、アメリカでは連邦食品医薬品局が認証している高周波治療器具(ThermiVA)を用いた方法があります。


高周波治療器具といっても、歯ブラシの柄くらいの太さのスティックで撫でるように高周波をあてるだけ。


それで、大陰唇や小陰唇を引き締めることができるとされています。


これだと、ちょっとくすぐったいくらいなので、不安なく簡単に引き締めることができるそうです。




いかがですか。


今回紹介した美容法は家で簡単にできるというものではありませんが、もし悩んでいるのならば、検討してみてもいいかなとおもう方法。



興味があるひとは、調べてみるといいかもしれませんね。



【参考】

※ ThermiVA – ThermiRF



【画像】
Galina Tcivina / Shutterstock





Menjoy! メンジョイ引用









できるだけ“バストトップの色”には気を使い、しっかりとケアして [コンプレックス]

女性の誰もが気になる……だけど誰にも聞けない悩みといえば“バストトップの色”ですよね。実はこの“バストトップの色”、女性以上に男性の方が気にしているかもしれません。

何故なら、多くの男性たちは“バストトップの色”に対し、アレやコレやの本音を漏らしています。


しかも色によっては別れを考える…なんて男性の意見も!?


“バストトップの色”、女性以上に男性の方が気にしているかもしれません.jpg



みんなが気になる“バストトップの色”


“バストトップの色”というのは、女性ならほぼ毎日目にしていることと思います。


当然人それぞれ体型や顔の違いがあるように、“バストトップの色”にもその人によって色は変わってきます。


そうは言っても「他の人ってどんな色してるの?」と気になる女性が跡を絶ちません。


何故なら、個人的な悩みももちろんのこと、実際に「“バストトップの色”が原因で彼氏にフラれた」なんていう恐ろしい話があるからです!




一体、世の男性たちは“バストトップの色”に対しどんな本音を持っているのでしょうか?



今回は美と健康のトータルプロデュースを行っている『美彩』さんに、男性たちの“バストトップの色”に対する本音を伺ってきました。




何歳ぐらいの女性が悩んでいるの?


“バストトップの色”を気にし始める年齢は様々だと思います。


中学生ぐらいから「あれ?」と思う人もいれば、アラサーぐらいになって色が変化し始める人もいるでしょう。


実際にバストトップのケア用品を販売している『美彩』さんに、「何歳ぐらいの女性がバストトップの色に悩み始めるのか」伺ってみました。


「弊社の商品を購入する層として、一番多いのはやはり20代~30代の女性です。しかし最近では10代のうちから購入し始めたり、美魔女ブームなどから40代・50代の女性の購入も増加しました」


どうやら女性というのは「生まれながらに女」のようですね。


年齢に関係無く、自分のカラダのことは気になってしまうのが女としての性なのかもしれません。




やっぱりピンクじゃなきゃ…ダメ? 「バストトップの色」男の本音3つ



バストトップの色に対する男の本音は?


続けて、商品を購入した女性たちが『美彩』さんに寄せるお便りの中から、「実際にあった彼氏(男たち)の“バストトップの色”に対する本音」について伺ってみました。



(1)前の彼女の色はさ~……


「初エッチした時の元カレの発言が今でも忘れられません。(中略)エッチ後に“前の彼女の色ってピンクだったんだけど、なんでおまえは茶色いの?”と言われました。ものすごくショックでした」(茜さん/23歳)


元カレくんは純粋に質問しただけかもしれませんが、これはトラウマになること間違い無しですね。


そもそも元カノを引き合いに出すあたり、デリカシーが無さ過ぎます!




(2)後から知った別れの理由

「彼とバストトップの色で別れました。というか後から彼の友達にそのことを教えられて……しばらく恋愛できませんでした」(匿名希望/30代)



これまた酷い……! そもそも元カレくん、自分の友達に彼女のバストトップの色を教えているとかありえないですよね。


むしろそんな男と別れられて良かったと考えるべきでしょう!



(3)彼の持ってるアダルトビデオが……


「彼の家に行った時にAVを発見しちゃったんですが、パッケージのどの子もバストトップがピンク色でした。当然その日は彼とできなかったです……」(麻里さん/27歳)


これは地味~にショッキングですね。


ただ、彼の為にバストトップをケアしようとする彼女の健気さに、いずれ彼も気付くことでしょう……!





なんだか女性以上に、男性の方が“バストトップの色”を気にしていますよね。


せっかく彼とベッドインできたのに、“バストトップの色”で破局するなんて……それだけはやっぱり避けたいことでしょう。


だからこそできるだけ“バストトップの色”には気を使い、しっかりとケアしていきましょうね!





Menjoy! 引用




女性の悩み”胸コンプレックス”バストが大きい女性も [コンプレックス]

多くの女性の悩みのひとつは「胸が小さい」コト。特に水着姿をさらすこの季節はなんとか大きく見せようと、秘密のパッドを入れたり無理やり谷間を作ったり、胸の大きい人からみたら涙ぐましいほどの努力を重ねているのです。



しかし、実はバストが大きい女性も、ちっぱいさんと同様、胸コンプレックスがあるのだとか。



そこで今回は、国内で初めて“胸のサイズから洋服を選ぶ”ことを可能にしたアパレルブランド『HEART CLOSET』の代表、黒澤美寿希さんにバストが大きい女性の意外な苦労をお聞きしました!





巨乳って言わないで! 「バストが大きい人」の意外な苦労5つ.jpg




1:階段が歩けない!?



バストサイズが悩みで服選びに困りつづけた経験をもつ黒澤さん。



そのサイズはなんとH65だそう!


アンダーとバストトップの差が大きければ大きいほど、胸が大きいことになりますよね。


その差はなんと、Gカップでは25cm、Hカップだと27.5cm、Iカップは30cmにも及びます!




そんな彼女が日ごろ苦労するのは階段なんだとか。



「胸の前から25cm離して腕を組んでみてください。足元が全然見えないじゃないですか?」と黒澤さん。


確かにこれほどバストが突き出ていたら、つま先が見えませんよね! 


筆者は妊娠中に足元が見えない経験をしたのでわかります。



「ヒールをはいて階段を下りるときは、いつも手すりをギュッと握ってそろ~りそろ~り歩くんです……」



地下鉄の駅の階段をヒールでガンガン走る!なんて、グラマーさんには夢のまた夢のようです。





2:クーパー靭帯が切れる!?


「胸が大きいと、走るときに本当に痛いんですよ!」と辛そうな黒澤さん。


なんと、Gカップだと2つの乳房で3キロ近い重さだといいます。まるで新生児をいつも胸に抱えているような重み! 


新生児を抱えたママが肩コリになったり腰痛になったりするのを聞いたことがありますよね?



 胸が大きな人は肩や腰に負担がかかるのは自明の理です。



「しかも、あんまり胸が揺れるとクーパー靭帯が切れてしまうらしくて……。だから走るときはいつも胸を押さえているんです」




クーパー靭帯とは、バストを吊り上げているコラーゲン繊維の束。バストを覆っているコラーゲン繊維なのですが、切れると元に戻らず胸が垂れ下がってしまうのです。



しかもクーパー靭帯はとってもデリケート。強い運動やバストマッサージで切れたり伸びたりしちゃうんです。胸が大きくなくとも、私たち女性はクーパー靭帯を守らねば! 



運動時のスポーツブラやデイリーのブラ着用はマストですよ!






■3:着られる洋服が超限定されている!

Gカップ以上の人に合う既製品のお洋服って、あんまりない.jpg



グラマー美人の黒澤さんの悩みは、洋服選びが大変なコト。



「Gカップ以上の人に合う既製品のお洋服って、あんまりないんです。Aラインワンピ、オールインワン、セットアップ、シャツ、ジャケット、全部胸のところがぱっつんぱっつん! 胸に合わせて大きいサイズを選ぶと、袖や裾が長すぎて不恰好に……。




特に辛いのは冠婚葬祭。



人生で一番キチンとしなければいけない服装のときに、着られる洋服がないんです」



なるほど……。



喪服やドレスのオーダーメイドはお高いですし、急に必要になることだってあります。




これは深刻な問題ですね。







4:キケンな目にも……!?


「すれ違いざまに、“でかっ!”とか、“巨乳”とか言われると本当に嫌な気持ちになります」


これはやすやすと想像できますよね! 最近でこそセクハラの概念が広がってきましたが、好奇の目で見られたり、心ない一言をなげかけられたり、そういう失礼なことをしてくる男性はまだまだいます。




「それよりも、知らない男性に、“お金あげるから触らせて”なんて言われたこともあります。本当に怖い思いをしたこともあるんですよ」



それって、立派な犯罪ですよね。そんな男性が女友達に絡んできたら、我々女性はすぐに警察に通報しましょう!



胸が大きいからといって、男性に口笛を吹かれたり、余計なコメントをされたり。多くのグラマーさんは、胸がコンプレックスになっちゃうのだとか。






5:誰にも共感されない……!?


黒澤さんのお話で一番印象的だったのは、女性同士での対応に関するコメント。


「精神的に辛いのは、女友達にわかってもらえないこと。大きな胸の悩みを打ち明けても、“それって贅沢~”、“小さいよりいいじゃん!”、“悩みって言わないよ~”、と全く共感してくれないんです。


まるで私自身が友達から否定されたような、本当に悲しい気持ちになるんですよ」


実際に「脚が太い」「やせたい」「胸が小さい」ということは友達同士でよくする会話。


それが、「胸が大きい」という悩みに対しては、女性であっても全くとりあってくれないそうなんです。





グラマーさんの思いがけない苦労話、いかがでしたか?


胸が大きな女性に苦労があるなんて想像したことがなかった方、安易に「巨乳」とか「爆乳」という言葉を使ったり、羨ましがったりするのはやめましょうね!





【取材協力】

※ 黒澤美寿希・・・H65のバストサイズが悩みで服選びに困りつづけた経験から、胸のサイズで洋服を選べる、新感覚のアパレルブランド『HEART CLOSET』を立ち上げ、現在クラウドファンディングに挑戦中!



【画像】

HEART CLOSET




Menjoy! メンジョイ引用









バストが大きい人のリアルな悩み!“巨乳”になりたいですか? [コンプレックス]

“巨乳”。男性女性を問わず、“興味の対象”になりやすいものではないでしょうか。


好きか嫌いかは別として無視できない存在“巨乳”。今回は現役巨乳女子の体験談や、かつて巨乳だった筆者の経験も踏まえて、“リアルすぎるおっぱいのお悩み”にふれてみたいと思います。


読者の皆様、それでも“巨乳”になりたいですか? “巨乳”になったつもりで、イメージしながら読んでみて下さいね。


これでもあなたはでか乳になりたい?巨乳の「リアルなお悩み」6つ


これでもあなたはでか乳になりたい?巨乳の「リアルなお悩み」6つ.jpg



1:3割増しで太ってみられてしまう!


同じくらいの身長だったとしても、巨乳なだけで太ってみられるのは、巨乳さんならではのお悩みなのではないでしょうか?


特に、社内や学内のイベントでみんな同じTシャツを着るような機会って、結構ありますよね。そんな時、“かえるのピョン吉が暴れてるのかな”といった風貌にならざるをえないのが“巨乳”さんなんです。


あまり美しい感じではなく、悪目だちしちゃうんですね。




2:ぴちっとしたトップスの前身頃が短くなる!



「巨乳って言わないで!? “バストが大きい人”の意外な苦労5つ」でも、ぴちっとしたブラウスの第二ボタンが引きちぎれそうになる写真が掲載されていましたね。



巨乳の天敵トップスは、それだけじゃないんです。ぴちっとタイトなトップスの場合、なんとか着ることができたとしても、さらなる問題が控えています。



それは、“前身頃が、かなりずり上がってしまう!”ということなのです。



場合によっては、おへそや腹のお肉まで見えてしまうことも……。



ちょっとかっこ悪いですよね。




ちなみに、筆者の大学時代は、“ピチT”が流行りでしたので、いつも前身頃が浮いていて恥ずかしい思いをした覚えがあります。



胸の大きさで、布地を縦横と、とられてしまうんですね。



かといって、ぶかぶかなトップスだと、3~5割は太って見えてしまうことにもなりかねません。中にはいっそ、もうブラジャーだけですごしたい。



海外セレブのように、むしろおっぱいを丸出しにして歩きたい巨乳女子もいるのかもしれません。



特にウエストにくびれが大きくあるタイプは、華奢な体型だけに胸の大きさで太って見えてしまうことからも、大損しているように感じてしまうことが多いようです。





3:どんなにダイエットしたって! 2~3キロ分の体重の割増感


過去記事からも、Gカップの女性のバストの重さは、およそ“3キロ”と伝えられています。EやFカップの女性でも、約2~2.5キロあるのですね。



巨乳の方は、“小さめに生まれた新生児を数年以上ずっと抱えっぱなしの状態”ってことになるのです。



巨乳さんを羨ましいな~と思う機会があったら、「ちょまてよ、この人は、昔から小さな米袋を担いで歩いてる人なんだ。大変だなぁ~」とねぎらってあげて下さいね。





4:どうでもいいオトコの好奇の目にさらされる


「好きなオトコに、魅力を感じてもらえる分には嬉しいんですけど。あきらかに好みじゃない男性にじろじろガン見されるのが本当に困りますよね」(Gカップ/20代前半/女性)


なるほど~。確かに好みじゃない男性から“肉体のパーツ”に興味をもたれても、要らないエネルギーを使い果たしてしまいそうです。巨乳に憧れがある皆様、これはあんまり羨ましくないエピソードなんじゃないでしょうか……。



巨乳に生まれついたというだけで、身体目的のオトコからの視線が格段に増えてしまうのです。本命ではないオトコに取り囲まれているうちに、本命は別の女性とカップルに……。



なんて、泣くに泣けませんよね。





5:ハグが痛い!

巨乳のバストは、“二次元のフィギュア”のように思われるのでしょうか。健康的な印象もあるのか、“強い刺激にも耐久性がある”と勘違いされやすいようです。


いやいや、どの大きさも、“おっぱい”は“おっぱい”。デリケートにできているものなのです。



これも筆者の体験談なのですが、数年前セミナーやパーティーに参加した際に、“正直そんなにはモテないのかな~”という方に限って、タックルのようなハグをかましてくる男性が多かったんですよね……。





正直、胸の感覚を堪能したいのはわかるんですが、こちらとしたら、とっても痛いんです。


もし、これをご覧いただいた方は、くれぐれも巨乳の女性を力強く抱きしめないようご注意いただけたらと思います。そして巨乳女子は、全力で胸を守っていきましょう。そんなことで、かけがえのない胸のじん帯を傷つけるのはもったいないですからね。





6:温泉で見下される?

“意外と垂れ乳なのね~”という、“あぁ、大きいから仕方ないよね~”という安心感にも似た“見下し”。ちょっと書いていて切なくなってきましたね。


巨乳の場合、垂れ乳ケアは、下りエスカレーターを駆け上がるような“努力”を必要とされます。



そのことも、含めて“本当に巨乳っていいのかな?”と想像してみるのも大切なことかもしれません。




いかがでしょうか?




“憧れと実際は違う”というのは、様々な世界でよく聞くことですよね。



巨乳に関しても、この法則が発動するようです。




人知れず、このような悩みを抱えている“巨乳女子”に、どうか優しいまなざしを送ってあげて下さいね。


Menjoy!引用










前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。